HOME>レポート>家賃債務保証会社に依頼するメリット【滞納対策をしよう】

家賃債務保証会社に依頼するメリット【滞納対策をしよう】

男の人と女の人

家賃債務保障とは

マンション・アパートなど、賃貸住宅の所有者にとって気にかかるもののひとつが家賃の滞納です。せっかく借り手が見つかったとしても、家賃の回収が滞るようなことになってはまったく意味がありません。そのため、入居のための条件が厳格になり、一部の人にとっては希望する物件を借りることが困難になってしまう場合もあります。このような事態を防ぐために、大きな力を発揮するのが家賃債務保証です。これは、もし家賃が滞納に陥った際に、保証会社が肩代わりをしてくれるものです。家賃債務保証を利用すれば、賃貸住宅の所有者は安心して部屋を貸すことができるようになり、同時に借り手にとっては希望の物件に入居しやすくなります。貸し手と借り手、どちらにとっても嬉しいのが家賃債務保証です。

不動産模型とお金

利用する方法

賃貸住宅の貸し手にとっても、借り手にとっても大きな助けとなってくれるのが家賃債務保証です。この保証には、大きく分けると主に2つの種類があります。1つ目は、家賃が滞納された場合に保証会社が代わりに所有者への支払いを行い、後日借り手へ請求するタイプ。そしてもう1つは、普段から保証会社が所有者に対して家賃を支払い、毎月借り手への請求を代行するものです。一般的に広く活用されているのは前者で、利用するには賃貸住宅の所有者が保証会社と事前に契約を結び、入居希望者への説明を済ませた上で実際に申込を行う必要があります。個々の保証やサービスについては会社によって異なりますので、内容をよく確認して信頼できる保証会社を選ぶことが安心の不動産経営への第一歩です。

広告募集中